”長野県みやげの和菓子をお取寄せ” 信州銘菓「あずさ」の小林製菓(株)・菓舗小林ネットショップ
HOME»  あずさ堂小林ご紹介»  安曇野・松本観光/信州銘菓紹介

安曇野・松本観光/信州銘菓紹介

信州・安曇野の銘菓
2011年4月から半年間にわたって放送された、NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」

昭和という激動の時代を、おひさまのよう明るく生きる女性の爽やかな一代記を描いています。

ドラマの舞台として、信州安曇野・松本の風景も映されておりますが、当店は大正時代より、
この地で菓子製造業を営んでおります。

ロケ地となった場所や、風景を写真でつづりつつ、お菓子のご紹介をいたします。

まず、北アルプスを背景にした安曇野らしい田園風景がこちら▼
安曇野の田園風景

田植え前の水を張った田んぼに、ピラミッド形をした常念岳が水鏡となって写ります。

ドラマ「おひさま」では、少女時代の陽子が学校登山で常念岳に登るシーンがありました。

こちらは▼安曇野の万水(よろずい)川に架かる等々力橋から見た常念岳。
等々力橋  常念デザイン

当店の銘菓「あずさ」の包装や、菓子折りには「常念岳」が描かれております。詳しくはコチラ▲

北アルプスの雪解け水が安曇野の大地から湧きだして、清らかな小川のせせらぎとなります。

安曇野のせせらぎ 御宝田遊水池

ドラマ「おひさま」には万水川沿いの堤防を、陽子が母と散歩したり、自転車に乗ったりするしーんがありました。
万水川沿いの堤防 あずみっ子

背景に見える有明山は、地元民(安曇っ子)にはなじみ深い山です。銘菓「あずみっ子」の詳細はコチラ▲

信州の山々の中でも、天に向かって槍をつくようにそびえる槍ヶ岳は北アルプスのシンボル☆

槍ヶ岳を目指す心境で、練り上げた餡を詰め込んだ【槍岳最中】をご賞味ください!
槍ヶ岳の最中 常念道祖神

そして、安曇野のシンボルといえばドラマ「おひさま」にも映った道祖神でしょうか▲

道祖神は五穀豊穣・無病息災・子孫繁栄を願って街道沿いや辻に置かれています。

仲睦まじい男女の神の像が多く、その表情や姿態も様々☆
幸を呼ぶ、路傍の神様の道祖神をイメージして作った安曇野銘菓【ロマンス】は、こちらです▼
水色のとき道祖神 銘菓ロマンス

ドラマ「おひさま」は、ヒロインの陽子が安曇野で営む蕎麦屋で、来し方を語ります。

そのお店は、安曇野の大王わさび農場にセットが作られて撮影されました。
陽子のソバ屋 大王わさび農場

清らかな水に育つわさびは、春には白い可憐な花を咲かせ、花も茎も鼻にツ―ンとぬける爽やかな辛味♪

和食の薬味として使われているワサビの清涼な香気を生かした和菓子【わさび餅】はコチラ▼
わさびの花 わさび餅

また、信州はクルミの生産が全国一で、クルミを使ったお菓子が作られてきました。
【くるみまん】はコチラ▼                     【くるみ餅】はコチラ▼

くるみまん くるみ餅

ドラマ「おひさま」では、長峰山から眺める安曇野の風景が映りました▼
長峰山から見る安曇平

安曇野は、その中に九つの里を含み、南北九里にわたって広がる山紫水明の地です。

(九つの里とは、梓川・堀金・豊科・穂高・明科・三郷・松川・池田・大町を指します。)

銘菓【九里まんじゅう】は▼そんな安曇野の美しさを、その名に込めました。
九里まんじゅう 栗の木

信州は小布施・木曽などの栗の産地があり、栗菓子作りが盛んです。

 

大きな実になるように育てられた栗の実が、秋には収穫されて栗菓子にも使われます。
銘菓【栗ならべ】は▼栗を1つ白餡で包み、栗の美味しさを凝縮するように焼きあげています。
栗ならべ 栗の実

朝ドラ「おひさま」では、ヒロインの兄が旧制松本高校に入学し寮生活を送っていました。

現在、旧制松本高校の跡地は「あがたの森」という公園となって、本館・講堂が保存されています。
あがたの森

ドラマでは講堂が▼寮として映り、中庭で▲女子師範学校受験のシーンが撮影されました。

旧制松本高校講堂 信州みそまんじゅう
松本の味噌蔵が地元の大豆で作る信州味噌を使用した【信州味噌まんじゅう】▲

女学校の友達と一緒に、兄に松本見物に連れていってもらって国宝松本城に登りました。

その時、初恋相手に手を取ってもらうなどのトキメキシーンがありました☆
松本城と桜 チーズ満月
クッキー生地に特製のチーズクリームを詰めた【チーズ満月】はコチラ▲

松本城と満月

職人が伝統の技法で作り上げる▼【どらやき】          和洋折衷の味▼【ちびどら】
どらやき ちびどら

朝ドラ「おひさま」の撮影は、白い花が満開のソバ畑からスタートしました。

そのロケ地は長野県大町市にある中山高原・そば畑▼
中山高原ソバ畑

「陽子の陽の字は太陽の陽なのよ」と母が語りかけるシーンや、花咲く道で自転車をこぐシーンなどがありました。

当店の信州そばまんじゅうは、安曇野市堀金の契約農家のそば粉のみ使用し、蕎麦のおいしさを味に込めました!

そばの花▼                              ▼【信州そばまんじゅう】
蕎麦の花 信州そばまんじゅう