”長野県みやげの和菓子をお取寄せ” 信州銘菓「あずさ」の小林製菓(株)・菓舗小林ネットショップ
HOME»  法事・仏事の菓子»  法要の引き出物・志

法要の引き出物・志

法事の引出物・志

【法事の施主・主催者の立場から】

法要は法事ともいい、亡くなった方のご冥福を祈り、その霊を慰めるために行う儀式です。

法要にお招きした場合、菓子折りを引き物(手土産)としてお配りする事が多いようです。

法事会場・お寺などへの直送も承ります。

黒白の結び切りの掛け紙に、表書きは「志」「粗供養」などとし、下に、姓を入れます。

表書きを記入しない場合は、「蓮」の絵の掛紙をお付けします▼

志のし  蓮のし

◎葬儀後の主な法要(仏式)

初七日  (しょなのか・しょしちにち) 死後7日目     葬儀の当日、初七日のお経も上げて供養する事が多い。

七七日  (四十九日・なななぬか)  死後49日目     忌明けの法要。納骨・形見分け等も行う。

一周忌  (いっしゅうき)        死後1年目     以降は祥月命日に年忌法要を行う。

三回忌  (さんかいき)        死亡年を含めて3年目

七回忌  (しちかいき)            〃    7年目

十三回忌 (じゅうさんかいき)        〃    13年目

三十三回忌(さんじゅうさんかいき)     〃    33年目   

◎神式

神道では死後、10日目ごとに霊祭を行い、50日目が忌明けとなります。‥「五十日祭」

その後は、100日祭、一年祭・三年祭・五年祭・十年祭と続き、それから10年ごとに追悼儀式を行います。

いずれも自宅や斎場などに神官を招いて行い、祭式の後宴席を設けます。

◎キリスト教式

カトリックでは、死亡した日から3日目、7日目、30日目などに追悼ミサを行います。

11月は「死者の月」とされ、ミサや墓参りをします。

プロテスタントでは、死後1ヶ月目の「召天記念日」に、記念式を行います。

※香典返し・お返し

香典のお返しをする時期は、一般的に忌明け(四十九日)です。

お返し品の金額は、いただいた3分の1から半額程度が適当です。

黒白、または双銀の結び切りのしに、「志」の表書きに姓のみを記します。

関西では「満中陰志」「忌明」の表書きも用いられます。

品物はお茶やお菓子などの消耗品が多いようです。最近はカタログギフトも人気。

【法事の引き出物・志~おすすめの5ヶ入り菓子折り】

仏事用どらやき・蓮のし   マドレーヌ・シューロール志のし
       【どらやき5ヶ入り】▲             【マドレーヌ・シューロール詰合せ】▲

 

どらやき・シューロール志のし   あずさ・シューロール詰合せ
   【シューロール・どらやき詰合せ】▲         【あずさ・シューロール詰合せ】