”長野県みやげの和菓子をお取寄せ” 信州銘菓「あずさ」の小林製菓(株)・菓舗小林ネットショップ
HOME»  贈答・お祝いマナー»  お中元・夏のギフト

お中元・夏のギフト夏ギフト

その起源は旧暦7月15日の「中元」が、仏教の盂蘭盆会と結びついて、
お供え物を配る風習に由来します。

日頃の感謝をご贈答として伝える、奥ゆかしい習慣です。

●贈る時期・・・お中元は夏のご挨拶。

贈る時期は、地方や家によって異なりますが、関東と関西に大別できます。

※関東  6月下旬~7月中旬   ※関西  7月上旬~8月中旬

贈る時期を逃してしまったときは、表書きを変えて贈ります。

◆暑中お見舞い・残暑お見舞い

7月中旬から立秋(8月7日)ころまでは、「暑中御見舞」のしをかけます。

立秋から9月初旬に贈るギフトは「残暑御見舞」になります。

目上の方に対しては、それぞれ「暑中御伺い」「残暑御伺い」とします。

●贈る相手

・仲人、恩師、上司、お得意様、先輩など御世話になった方。

・両親、親戚など。

■夏のギフト特集■

 

お世話になったあの方へ、喜ばれるスイーツをご用意しました。

涼やかな菓子【水まんじゅう】                       ひまわり型のチーズ風味パイ【ひまわり】
水まん ひまわり

夏も美味しい【信濃銘菓あずさ】                      ほのかな酸味が爽やか!梅の季節の和菓子【豊梅香】
あずさ お中元 豊梅香